page contents

三重ログ

三重県の観光、グルメ、イベントなどの魅力を伝えるブログです。

映画『半世界』で南伊勢町の聖地巡礼はいかがですか?

f:id:einhander1341:20190219182419j:plain

映画「半世界」公式YouTubeより。

 

久々にオール三重県ロケの映画が撮られたよ。

2018年2月に三重県南伊勢町を中心にロケが行われた。

その映画は完成して、現在公開中です。

 

主演は、新しい地図稲垣吾郎さん。長谷川博己さんほか。

 

原作は「エルネスト」「人類資金」の阪本順治監督の映画オリジナルです。

以前、ラノベ原作の映画が撮られた時のあとで、聖地で映画(ラノベ)を真似た事件が起きてネガティブなイメージがはびこったが、今回はそんな悪いこともなく、三重県のイメージアップに繋がるかと期待しています。

 

三重県が舞台の映画が久々に撮られたんやに。

今度は、前々回の『WOOD JOB 神去(かむさり)なあなあ日常』と違って、海が舞台だ。

『WOOD JOB 神去なあなあ日常』は面白かったやん。林業は男の戦場やに。

しかし、海辺の炭焼き小屋でまったり生きるのも悪くはないかも知れないな。

海辺の炭は、海女小屋などで需要があるんやに。

海鮮焼きなどもうまそうだ。(笑)

『WOOD JOB 神去なあなあ日常』は神去村という架空の村が舞台で、三重県津市美杉町(旧美杉村)で撮られたんやに。

林業と漁業。三重県の良さがふんだんに出た面白そうな映画に仕上がっている。

全国でやってるで。新しい地図さんの応援のためにも、見に行ったってや。

 

それじゃ、本文行ってみようかな?

 

三重県南伊勢町はこんなところ。

www.town.minamiise.lg.jp

三重県南伊勢町三重県度会郡の南部に位置する町。

度会郡と言えば、伊勢市鳥羽市の隣の場所だ。鳥羽市の方が近い。

海と山に恵まれた自然豊かな場所だ。

観光名所はこちらに記載されている。そちらを参考にして欲しい。

www.tripadvisor.jp

ふるさと納税については、残念ながら一昨年に通産省の通達により、真珠製品の返礼ができなくなってしまったが、新鮮な魚介類や、はちみつなどが送られて人気も高い。

 

『半世界』ではFM三重さんの音声が3度も提供。

映画の劇中で、レディオキューブFM三重さんの実際の音声が3度も提供されている。

どこでかかるのかは、実際に映画を見てのお楽しみだ。

僕の予想では、朝の情報番組READY!と夕方のワイド番組、EVENING COASTER、さゆりん&しろたん(代田和也アナ)のはなきん+ではないかと思っているが、外れたら申し訳ない。

まさか、2018年2月のロケだから、”Radio Cube Best Mix Sunday”(佐野瑛厘さん)がかかるかも知れないなぁ。もし、そうだとしたら、終わってしまった番組故に爪痕を残せるかも知れないね?

 

JFN唯一の地方ローカル番組だった”Radio Cube Best Mix Sunday”だったら、良いかも知れない。そうであってくれ!

(9月に番組終了。10月からはJFNネットのTOKYOFMを通し、ももいろクローバーZのスズキハッピークローバーと日産、あ?安部礼司を放送。)

 

度会県なんてのもある。

wataraiken.com

明治の廃藩置県により、わずか5年間だけ存在した『度会県』。(度会府

これがバーチャルで復活しました。

南伊勢町でイベントなどをやるから、ぜひ覗いてみてくださいね?

 

YouTubeはこちら。


『半世界』予告編|Another World - Trailer HD

 


『半世界』メイキング&稲垣吾郎・長谷川博己・池脇千鶴・渋川清彦・阪本順治監督インタビュー


半世界 公式インタビュー|Another World Official Interview

 

『半世界』のタイトルの由来って、『人生の半分』という意味なんですね?

39歳、アラフォー世代の青春群像劇。

これが全てだと思います。

まとめ。

『WOOD JOB 神去なあなあ日常』は再び観てから、改めてブログに書こうかと思います。

あの頃観た感想と、今見た感想は違って見えるかも知れないからです。

北海道の帯広地区を舞台にした『銀の匙 SilverSpoon』は実際に聖地巡礼が殺到して、評判を生み出しましたが、神去のほうは実際にどうであったか?

後の時代になってからのほうが冷静に見られるかも知れません。

 

今日はここでキーボードからアウェイしたいと思います。

 

あわせて読みたい

 

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

 それでは、三重で逢いましょう!