page contents

三重ログ

三重県の観光、グルメ、イベントなどの魅力を伝えるブログです。

【伊賀流忍者】忍者まとめ。2月22日は忍者の日。【羅威堂】

f:id:einhander1341:20190225171621j:plain

伊賀流忍者の記事がまとまってきたので、まとめ記事を書きたいと思います。

 

滋賀県甲賀市(こうかし)の甲賀流三重県伊賀市伊賀流は元々、共同戦線を張ってきました。

 

shinjo-matsuri.jp

 

それがライバル同士になったのは、伊賀の百地三太夫甲賀の戸沢山城の守との術くらべになったのがきっかけとされている。

 

それ以降、山田風太郎甲賀忍法帖で敵対関係になり、忍者ハットリくんで競い合うようになったとされる。以後、伊賀流甲賀流はライバル同士になったが、最近はすっかり和解をして、仲良くやっている。

 

忍者の記事がすっかり貯まったやん。これでまとめいけるんちゃうん?

そうだな。一度軽くまとめておこうか。

伊賀流忍者と言えば、伊賀忍者特殊集団 阿修羅さんや、そのお弟子さんの伊賀之忍者衆 羅威堂さんがしっかりアピールしているに。

彼らの忍者ショーには圧倒したな。おかげさまで今一番の精神的支柱になっている。

 

はてなブログなのに、忍者ブログになってるやん。(笑)

そういうメタなことは話さないで。(笑)

 

忍者の街、伊賀市では市全体が忍者市宣言をして、盛大にアピールしているんやに。

過去の上野市との合併によってさらにパワーアップした伊賀市においては、上野市駅をどうやって上手く言い残せるのか?それが議題になったんだ。

それで、忍者市駅の愛称がついたことで解決したんやに。

 

上野市という地名が無くなったけど、『上野市駅』という正式名称は残った。駅すぱあとで忍者市駅が使えるか試してみた!

…。残念ながら、使えんかったに。上野市駅という名前ならば、使えるので安心して欲しいんやに。

 

それじゃ、今までの記事を振り返ろう。

 

名張市にある赤目四十八滝は忍者の修行場。

名張市にある赤目四十八滝は、忍者の修業の場として有名だ。

かなりの健脚でなければ、全制覇が出来なくて、僕も前回行ってみたが、時間が過ぎていたこともあり、途中で断念した。

 

www.mielog.net

足腰に自信のある方は、ぜひ行って欲しい。

そして、そこの名物、へこきまんじゅうをぜひとも食べて欲しい。

さつまいもの優しい甘さが身体を癒やしてくれるだろう。 

伊賀流忍者博物館と忍術継承館に行ってみた!

伊賀流忍者博物館で一つの施設だ。

伊賀忍者特殊集団 阿修羅さんの忍者ショーは歴史の再現に特化した、本格的なショーとなっている。

下手すれば、犯罪にも悪用できかねないので、撮影は禁止されている。

忍者ショーで使った武器は全て本物。

サイで刀をへし折るシーンは圧巻だ。

後は流星という物騒な武器。これはAdSenseの都合上、詳しくは書けない。

実際にこの目で確かめて欲しい。

 

www.mielog.net

www.mielog.net

 

羅威堂さんの忍者ショーは、伊賀流を受け継いだ本格派です。

阿修羅さんのお弟子さんの羅威堂さんは、伊賀流を許された数少ないチームです。

伊賀市だけじゃなく、名古屋市、京都などで観られますから、縁があったら観られるでしょう。

活動情報を詳しく知りたい方は、公式Twitterをどうぞ。

twitter.com

国内だけじゃなく2019年1月には香港、過去にハワイなどでもショーを行った実績を持ちます。

 

 

www.mielog.net

羅威堂さんとのファーストコンタクトは、伊賀上野シティマラソンでのショーだった。

雪之丞さんやあづ里(あづさ)さんも頑張っていました。

 

その後、2019年1月には、浄福寺で演武はじめを行い、香港へ。

イオン香港で、三重県フェスタの一環でショーを行いました。

 

その後に、竜斗さんがひざの手術で一線を退き、音響係に。

2月22日の忍者の日のセレモニーでは、ミニショーを行いました。

大師匠である、阿修羅の頭領の目の前で演武を行いましたね。さぞや緊張されたかと思います。

 

www.mielog.net

 伊賀鉄道『忍者市駅』のお披露目がありましたね。

近鉄より独立したローカル線『伊賀鉄道株式会社』。

かつては、近鉄伊賀線でした。

近鉄伊賀神戸駅快速急行停車駅)より、伊賀鉄道に乗り換えて、30分あまりで忍者市駅にたどり着きます。


2019年2月22日に、忍者市駅の愛称がついたことで、より内外にアピールできるかと思います。(伊賀市による上野市の吸収合併もきっかけです。)

 

地元の人は『市駅(しえき)』という愛称を持っています。

 

www.mielog.net

忍者ハットリくんでおなじみの、藤子不二雄Aさんの漫画にも登場する聖地となっています。

 

羅威堂の代表、有香さんのご実家。『うどんの池澤湯』さんで、霧がくれうどんをいただきます。

最後に、伊賀鉄道のイベント列車に乗り込む際に必要だったイベント列車限定チケットを買うことが出来なかったので、昼食は現地調達しなければなりませんでした。

 

そこで竜斗さんと有香さんの一声で、「うどんの池澤湯さんで食事をとってみたら?」と返ってきました。

 

何と、代表の有香さんのご実家だとか。

池澤湯さん、本業は銭湯ですが、昼食時はうどん屋として切り盛りしています。

そこの名物を有香さん直々に聞いてみたら、『霧がくれうどん』がおすすめですよ。と言われました。

 

そして、うどんの池澤湯さんに行ってきました。

 

www.mielog.net

 霧がくれうどんは、伊賀産牛乳を使った和風だしと玉ねぎが加わった和洋折衷の味で、向かい側にある『西澤のコロッケ』さんのコロッケを乗せて食べるのが、粋な食べ方でした。

 

750縁+200縁にして1000円でお釣りが来ました。

 

水曜日が定休日なので、ぜひ伊賀市にお立ち寄りの際にはいかがでしょうか?

羅威堂さんのコンタクトはこちらから。

伊賀之忍者衆 羅威堂さんのコンタクトや仕事の依頼は、こちらで行っています。

お気軽にどうぞ。

iganinjaraido.wixsite.com

 

今回はそのような感じになりました。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

よろしければ、Twitterはてブ、LINEなどで拡散していただけたら僕は嬉しいです!

 

 

今回はまとめ記事につき、あわせて読みたいは休ませていただきます。

それでは、三重で逢いましょう!