page contents

三重ログ

三重県の観光、グルメ、イベントなどの魅力を伝えるブログです。

伊賀之忍者衆『羅威堂』の忍者ショー

f:id:einhander1341:20181226040558j:plain

あなたにおはようございます!

朝3時作家の十六夜ヒロと朝早くから駆け出しているアルカネットです。

 

2018年11月25日に上野西小学校で行われた『2018 忍者の里 伊賀上野シティマラソン』のイベントとして行われた伊賀之忍者衆『羅威堂』さんの忍者ショーについて書きたいと思います。

 

左から、イケメンの雪之丞さん、軽業師の兵助さん、代表の有香さん、殺陣師の竜斗さん、ナレーターの夜磨杜(やまと)さんです。

 

有香さんは伊賀忍者の末裔で、伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』さんの頭領『浮田半蔵』師に師事、見事免許を皆伝され、羅威堂として独立しました。

 

羅威堂さんは、伊賀流を名乗ることを許された数少ない忍者チームなんやに。

国内だけじゃなく、国外でも忍者ショーを行って伊賀流の情報発信を積極的に行っている。

2019年1月には、香港公演が決まってるんやに。名張市で行われた忍者のクリスマス観たかったやん。

伊賀流忍者博物館で行われている伊賀忍者特殊軍団『阿修羅』さんが歴史の再現に特化したグループなのに対し、伊賀之忍者衆『羅威堂』さんはエンタメに向けた集団である。

『阿修羅』さんはDVD発売や犯罪に悪用される恐れがある関係上、動画撮影や写真撮影は禁じられたけど、『羅威堂』さんはSNS拡散に積極的やったに。

『忍法エゴサーチの術』にはクスッと笑わさせていただきました。こちらも『忍法ブログ拡散』の術で対応させていただきます。

後日、Twitterの方にも、軽業師の兵助さんを除いて、相互フォローを結ばせていただきましたに。あづ里(あづさ)さん、ありがとうございますに。

 

ではでは!羅威堂さんの活躍。とくとご覧あれ!

夜磨杜さんの気合い注入!

f:id:einhander1341:20181226044033j:plain

夜磨杜さんが早九字を唱えて、気合いを研ぎ澄ませています。(真言宗密教僧や修験道の修験者が臨時的に唱える素早い呪文。『臨・兵・闘・者・皆・陣・烈・在・前』の九字)

 

こうして忍者は周囲に気を張り巡らせて、敵を察知します。

f:id:einhander1341:20181226044938j:plain

後ろから襲いかかった兵助さんをバッサリと!お見事!

夜磨杜さんの本職は地方FM局のアナウンサーで事務所所属。

現在は本名を伏せているが、かつては声優としても活躍。

SNKさんのネオジオファイティングジャムで『Mr.BIG』役として活躍されました。

Mr.BIGといえば、スキンヘッド(Bold Head)で棒のようなスタンガンを二刀流でガシガシ振り回したヴィラン(悪役)やに。

 

夜磨杜さんの見知らぬ特技は、菜箸を棒手裏剣にして、ベニヤ板を貫通させること!

夜磨杜さん曰く、『道具は正しく使いましょう』(笑)

イケメン剣士 雪之丞さん!

f:id:einhander1341:20181226050221j:plain

侍との違いをはっきりさせるべく、雪之丞さんは侍役として登場。

侍の戦いを見事に表現なされました。

 

雪之丞さんの特徴は何と言っても、イケメンであるということ。

女性観客さんのため息が聞こえてきそうです。(笑)

 

殺陣師の竜斗さんとの剣術を見せていただきました。

 

f:id:einhander1341:20181226050631j:plain

 

ごちそうさまです!

 

手裏剣の防御法。手裏剣の真実。

次は有香さんの登場です。

f:id:einhander1341:20181226050753j:plain

手裏剣は実際には連射ができる攻撃用の武器として使われることがなく、むしろ防御用でした。

 

手裏剣一枚が400gぐらい。複数待てば、かなり重い荷物となったでしょう。

だから手裏剣には、放った相手を確実に仕留めるために、トリカブトやフグ毒などの毒が塗られました。

 

刀に手裏剣をセットして忍術を発動させるようなシロモノじゃありませんよ。(笑)

 

羅威堂さんの忍者ショーでは木の楯で防御するシーンが見られました。

 

このショーで使われた手裏剣は、何と本物やに!

 

忍者屋敷内の戦いだったら、畳返しといったところでしょうか?

相手が手裏剣切れになったら、刀で反撃です!

竜斗さんの鎖鎌を使った忍者演武。

f:id:einhander1341:20181226051636j:plain

侍役との2役を演じた殺陣師の竜斗さん、今度は鎖鎌を使った演舞を見せてくれました。

 

普段は昼間に農作業をして、農具の鎌を使います。

しかし、そこには戦闘用の鎖を仕込んでいます。いざという時の事態に備えて準備は万全なのです。

 

敵役の兵助さんの股間に痛烈な一撃。

カマだけに!(笑)ち〜ん(珍)

音響スタッフのあづ里さんのセンスが輝きます。

 

f:id:einhander1341:20181226052240j:plain

敵忍者役の兵助さんの首を後ろからバッサリと!

鎖で固められた刀は無力です。

 

忍者は世界最強の民兵なのではないでしょうか?

有香さん、奮闘する!

f:id:einhander1341:20181226052446j:plain

最後は代表の有香さんの演武です。

2対1でピンチになります。

有香さん、二刀流で応戦も、歴戦の忍者に苦戦します。

 

舞台直前の演武は迫力満点。

片方の刀を外して、一刀流で応戦。

 

再び舞台上に上がって、敵を演じた竜斗さんをズバッと一撃!

f:id:einhander1341:20181226052827j:plain

 

敵役を演じた竜斗さんから、血しぶきならぬ赤い蜘蛛の糸が炸裂しました。

有香さんのハイキックは迫力満点なので、ぜひ伊賀や京都、名古屋に足を運んでいただきたいと思います。

 

2019年1月には香港で公演がありますので、カンフー慣れした香港キッズの心がつかめるのか、見ものです。

 

最後に。

羅威堂さんの公演情報などは、Twitterでご覧いただけると解りやすいです。

羅威堂さんの大師匠、阿修羅さんは伊賀流忍者博物館の別料金で見られましたが、羅威堂さんは無料で見られることが多いので、三重県伊賀市の観光イベントなどで、ぜひご覧いただけたら幸いです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

よろしければ、Twitterはてブ、LINEやDiscordに拡散して頂けると嬉しいです!

 

あわせて読みたい

 

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

 それでは、三重で逢いましょう!