page contents

三重ログ

十六夜ヒロとアルカネットが三重県の魅力を伝えるブログ。

お正月には『すき焼き』を食べる習慣を持つ三重県民。

f:id:einhander1341:20181231031407j:plain

あなたにおはようございます!

朝2時作家の十六夜ヒロとお正月はすき焼きを食べるのが楽しみなんやにのアルカネットです。

 

僕は日本全国共通かと思っていたが三重県民特有の習慣に、お正月はすき焼きを食べることが挙げられます。

 

また、あの時期がやって来たに。

あぁ、毎度のこと、和牛屋さんで年末は行列ができるよなぁ。

三重県津市で言えば、朝日屋さんがダントツトップで、それ追う形で伊勢屋さん、竹屋牛肉店さんが売れに売れるやん。

年末の行列は今じゃ、冬の風物詩だな。(笑)

 

我が実家でもすき焼きをすることがしょっちゅうある。

和牛で脂がとろけてうまいやん。

まぁ、正月に食べる分にはいいのだが、僕は最近、胃が弱くなったのか脂分を受け付けなくてな。若い頃よりあまり和牛が食べれなくなったのだよ。

先におせちを食べたりノンアル飲料を飲むからやに。(笑)

おせちはどうせ残るからね。次は計画的に食べるよ。

 

松阪牛(まつさかうし。津市民は『まっつぁかうし』と発音。)、伊賀牛、伊勢牛など色々あるに。

その中でも代表的なのは、松阪牛だな。

 

まぁ、お正月なんだし、贅沢をしてもええやん。

クリスマスは小さなお友達のいる家庭に任せて、正月は盛大にというのが、三重流だ。

 

それじゃ、本文行ってみよう。

年末の行列は風物詩。

年末になると和牛精肉店では行列が並び、津市の朝日屋では野次馬が出るほどの行列になります。

 

伊賀市在住のしばおさんは、地元伊賀市の高級和牛を買おうと思ったが、売り切れで間に合わず。 

 伊賀なので伊賀牛だと思われますが、伊賀牛の人気もダントツですね。

 

特に朝日屋さんが高額落札することで有名な和牛の競り市は、冬近くになると熱くデッドヒートします。

(東京で言えば、高級マグロをすしざんまいさんが競り落とすような感じですね。)

 

我が実家のすき焼きはこんな感じ。

元日の夜になるとおせちだけじゃなく、すき焼きも用意されます。

 

すき焼きは最初に熱したすき焼き鍋に牛脂を敷いて、砂糖、醤油を入れて最初に牛肉を置きます。

これで焼いた肉を新鮮な生卵に入れて熱いうちに食べます。

 

それから長ネギや焼麩、焼き豆腐など野菜を入れて肉の出汁を染み込ませます。

 

これが何とも美味しいのです。

一般的なすき焼きの作り方とは少し異なりますが、肉の味を楽しむ分には最高の楽しみ方です。

本当に贅沢な肉の楽しみ方です。

 

よそのすき焼きはこんな感じ。

一般的な旅館で食べられるすき焼きは固形燃料の都合上、お肉と野菜はまとめられて焼くことが多いようです。

 

ここで絶対にやってはいけないのが、牛肉のそばにしらたき(糸こんにゃく)を置いてはならないということです。

これをやってしまうと、お肉が硬くなってしまい、まずくなってしまうのです。

 

すき焼きをやる際には、ご注意くださいね?

しらたきを固める際に使われる『凝固剤』がお肉を硬くしてしまうので、一旦茹でて下処理をして、お肉のそばに入れないようにネギや豆腐などで、盾になってもらい防いでもらいましょう。

 

群馬県では、なんと豚を使う!

普通は牛鍋や鋤焼きが発祥なので、すき焼きは牛肉を使うのが普通なのですが、何と群馬県では上州豚を使った豚すき焼きが普通なのだとか。

 

もし、経済的な理由で和牛が買えなかったり、アメリカ産牛肉などではちょっと違うんだよなぁ。とお思いの皆様、思い切って豚肉ですき焼きを作ってみるのもありかも知れませんよ?

 

銀魂ですき焼きパーティーの騒乱があった。

今は惜しまれながら終了した週刊少年ジャンプの人気漫画『銀魂(ぎんたま)』にも、すき焼きパーティーをする描写があって、騒乱の後に、神楽ちゃんが『さっきの肉は乳臭くて不味かったアルよ。(牛肉を指す)こっちの方がいいね。(豚肉を指す)』とすき焼きを酷評したのを覚えています。

 

きっと神楽ちゃんは長い万事屋(よろずや)生活で、貧乏舌になったかと思われます。

 

読者の皆様は、美味しいすき焼きを楽しんでくださいね。

 

最後に。(あとがきにかえて。)

 一時期は不安にもなりましたが、実家でのすき焼きパーティーが今では楽しみになりました。

甥っ子姪っ子のお年玉をあげるのは痛い出費ではありますが、年に一度の事ですし、家族が一丸になるのは、そうそう滅多にあることではありません。

 

実家で自分のことについて、あまり話すことがありませんが、家族の時間を楽しみたいと思います。

親も高齢になりましたし、いつ最期が来てもおかしくはありません。

 

年末年始の顔を出すくらいの親孝行もありなんじゃないかって思うのです。

家族みんなのすき焼きのために、普段は節約しているのだからね。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

よろしかったら、Twitterはてブ、ラインなどで拡散していただけたら嬉しいです!

 

あわせて読みたい

 

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

 それでは、三重で逢いましょう!