page contents

三重ログ

十六夜ヒロとアルカネットが三重県の魅力を伝えるブログ。

机を『つって』?道が『つんどる』?

f:id:einhander1341:20181226183824j:plain

あなたにこんばんは。

朝4時作家の十六夜ヒロとアドセンス審査を目指して一踏ん張りのアルカネットです。

 

あなたは突然、こんなことを言われませんでしたか?

 

なぁ、机、つって。

 

これで意味がすんなり通ったら、あなたは間違いなく三重県民ですが、愛知、岐阜でも言うそうです。

 

『机をつる』が写真の通りにわかるでしょうか?

普通は『机を運ぶ』ですよね?

 

僕は小学校の頃から、これで通ってきたので、これが全国共通だと思ってました。

そこで、僕は全国の言葉を探ってみました。

 『机を運ぶ』って、どんな風に言うかな?

『机をつる。』三重県、愛知県、岐阜県。(静岡でも通じる。)

これが僕は普通だと思っていました。多分、東京や大阪の方々には理解できないと思います。

 

『机を運ぶ。』東京都、大分県大阪府など。

全国的に標準語として使われていますので、こっちでも通じますが、僕から見ればかなり聞きなれないですね?

 

『机を送る。』(前から後ろに動かす時に)福岡県。

これは聞いたことがありませんでした。でも、ニュアンスは伝わりますね。

 

『机を下げる。』(前から後ろに動かす時に)東京都。愛知県。

何と無く分かります。そして元に戻す時は、運ぶ。ってなんだか複雑です。

 

『机をかく。』愛媛県

これは興味深いです。引っ掻く感じかな?

 

『机をあげる』(前に運ぶ時)『机をさげる』(後ろに運ぶ時)富山県

前後がアップダウンな感じですね?分かります。

 

『机を下げる。』(両方とも)広島県鳥取県

これは机をつるのと似ているニュアンスですね?

 

『机を引く』鹿児島県。

これは面白い!引っ張るように持つからでしょうか?

 

『机をさげる』(前から後ろに運ぶ)『机を運ぶ』(後ろから前に運ぶ)大阪府奈良県京都府

引っ張る動作が『さげる』につながるようですね?

 

『机を引く』(前から後ろに運ぶ)『机を運ぶ』(後ろから前に運ぶ)京都府

引っ張る動作がそのまま残った形です。

 

『机をづって〜』(つるが濁った感じ。)愛知・知多半島

これは変化球ですね。

 

『机をどかす』沖縄県

これは分かりやすいですね。退ける(どける)感じが良い。

 

『机を送る』兵庫県

これは珍しいケースですね。

 

こうしてみると、畿内地方だと、引っ張る動作が下げるっぽい感じがしますね。

僕が驚いたのは、『机をつる』のが『三重県固有』かと思っていたのが、愛知県・岐阜県でも通じることでしょうか?

 

『道がつんどる』ってどういう意味?

『道がつんどる』これは渋滞しているという意味です。

 

これが通じるのは、三重県和歌山県の年配の方々ぐらいでしょうか?

普通は『道が混んでいる』と言いますよね?

 

僕は日常的に『道がつんどる』と言います。『混んでる』とも言います。

しかし、周囲の人々は普通につんどると言いますね。

 

多分、僕の幼少期は横浜に住んでいた為に、両方が混在していたかと思います。

あとは、草の根パソコン通信時代の名残で、共通語が強かったのもあります。

インターネット老人会にも足を突っ込んでいるので、そのせいかもしれませんね。

 

『道が詰んどる』と言うのは、上方方言、四国方言の名残です。

しかし、ネットで探してみた処、三重県和歌山県の一部のみでしか使われていません。

 

これは『机をつる』と違って、三重県独特ですね?

『道が詰む』三重県内全域で使われています。

 

終わりに。

こうしてみると、方言についてはもう少し調べてみる必要がありますね?

案外に方言って、圏内では『当たり前』すぎて、他県民が違和感を持って初めて気がつくものです。

 

例えば、テレビのケンミンショーなんかは、あくまで各県民のステレオタイプではなく、『大阪府民(放送局のある地方)から見た〇〇県民』の県民性であることが多い為、実際にその県民からみて、その実像が違うことが多いものです。

 

むしろ〇〇県民はこうだ!と決めつけるのではなく、『あぁ、これもあったよね?』ぐらいにとどめておいた方がいいかも知れません。

 

僕の友人に北海道出身で東京在住の方がいますが、彼はとても驚いた時に『なまら(すごく)』を使いません。

 

おそらく北海道とはいえども、各地方広くあるために、例えば札幌だったら札幌の、帯広だったら帯広の、稚内だったら稚内の。と違いがあるものです。

 

彼自身、稚内がどんなところか知りません。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

あわせて読みたい

 

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

www.mielog.net

それでは、三重で逢いましょう!